背景色

  1. HOME
  2.   ⟩  事業所・職場紹介
  3.   ⟩  高齢
  4.   ⟩  「認知症対応型共同生活介護」ということで、なでしこでは認知症の高齢者の方々が認知症になっても自分らしく生活していけるように、日常生活の場でできなくなっていることに対しての介護を行っています。

事業所・職場紹介

Offices and Workplaces

高齢

「認知症対応型共同生活介護」ということで、なでしこでは認知症の高齢者の方々が認知症になっても自分らしく生活していけるように、日常生活の場でできなくなっていることに対しての介護を行っています。

認知症グループホームなでしこ

主任

インタビューイー[インタビューされる人]

Sさん

NEW! 高齢

認知症グループホームなでしこにつて、主任のSさんに取材させていただきました。

制度上の事業名は、
「認知症対応型共同生活介護」ということで、なでしこでは認知症の高齢者の方々が認知症になっても自分らしく生活していけるように、日常生活の場でできなくなっていることに対しての介護を行っているそうです。

職員数は、
17名いらっしゃるそうです。利用者の定員数は18名で、現在なでしこで生活されている利用者の方は計15名いらっしゃるそうです。(2022年5月取材時時点)

他の認知症のグループホームと比べてのなでしこの強みは、
個別支援を強化して行っていることだそうです。特に食事に関しては、利用者の方それぞれの好みや体調によって変えており、また食事をする時間帯や形態なども利用者の方のそれぞれの生活スタイルに合わせて変えているそうです。
一方で課題として挙げられるのは、なでしこに入ってきたいと考えている方の待機者数が少ないことだそうです。そのため、どのようにして地域の人に知ってもらうか、その発信方法などを現在検討されているそうです。
認知症の方で、現在在宅で生活されている方が、もし何か困ったことが起こったときに選択肢としてなでしこを考えてくれるように、西成の住民の方々へもっと知名度を上げていきたいと考えているそうです。

利用されている方の中には、
認知症の他に知的障害も持った方もいらっしゃるそうです。その方は、自分自身の思いをうまく伝えられないため、何らかの形で訴えてくれる利用者の方の思いを職員がどうとらえていくか、そういった関わり方をとても気を付けてされているそうです。また、家族のいない利用者の方もいらっしゃるため、その方の最期をどうしていくか、看取りの場所をどうしていくかとても考えるそうです。なるべく最期まで施設で生活させてあげたい思いがあるそうなのですが、最終的には病院で亡くなられる方が多いそうです。

現在就職活動をされている方へのメッセージをいただきました。
ここのお仕事は「対人間」のお仕事のため、認知症の方に対しても人間として同じように生活できるように、一家族としての気持ちで支援をされているそうです。また、さまざまな人と関わることで新たな発見もでき、また自分自身の人間力も向上していけるそうです。職員同士の仲も良いので、興味のある方はぜひ来てくださいとおっしゃっていました。

今後の事業展開として、
食事をグループホーム内で1から作っていきたいと考えているそうです。現在はご飯を外部から受注しているそうなのですが、それを徐々に自分たちで作っていけるようにしていこうと考えているそうです。現在は日曜のお昼ご飯をフリーにしており、職員が自由にメニューを考え、利用者の方々にも手伝ってもらいながら昼食の準備をされているそうです。

取材をして、
なでしこは個人個人の思いに寄り添いながら、認知症になっても自分らしく生活していけるように、利用者それぞれに合わせて支援を行っているのだなと感じました。少しですが施設内も見せていただき、本当に自分たちが住んでいる空間と変わらないアットホームな雰囲気がありました。

採用までの流れ

新卒採用

STEP01

会社説明会

ヒューマンライツ福祉協会って、どんなところ?と思ったら、まずは説明会へ。事業内容や協会の紹介の他、施設見学会も実施しますので、職場の雰囲気も体感できます。選考は行いませんので、気軽に参加してみてください

STEP02

応募

エントリーフォームから選考会にご応募ののち、応募書類を提出 (郵送・直接持参、どちらでも可)してください。応募書類を提出されないとエントリーしても選考会に参加していただくことができませんのでご注意ください。

STEP03

選考会 1日目

当協会の事業所(障害者施設あるいは高齢者施設)で、9時から16時まで1日福祉体験をしていただきます。職場体験を通じて面接や筆記試験では見えないみなさんの良さを見いだしたいと考えています。介護技術などを評価するものではありません。

STEP04

選考会2日目

選考会は2日連続で行います。2日目は応募者全員に、約30分間の面接と、小論文(30分)、適性テスト(約1時間半)の筆記試験を受けていただきます。

STEP05

採否決定

選考会2日間の結果をもとに、人権感覚、社会性、積極性、コミュニケーション能力などに重点を置いて採否の検討を行います。選考が終わりましたら採用担当より採否のご連絡をさせていただきます。

STEP06

新人研修

4月1日の入社の後、1ヶ月間の新人研修を実施します。当協会についての理解を深め、ビジネスマナーや基本行動などの社会人スキル、福祉に携わる心構えなどを学んで、ヒューマンライツ福祉協会の一員としての第一歩を踏み出してください。また、介護・福祉に関する資格を取得していない方には、介護職員初任者研修を受講し資格を取得していただきます。3ヶ月後、6ヶ月後、1年後、3年後と、入社後のフォローアップ研修もきめ細やかに実施しています。

中途採用

STEP01

応募

ヒューマンライツ福祉協会って、どんなところ?と思ったら、まずは説明会へ。事業内容や協会の紹介の他、施設見学会も実施しますので、職場の雰囲気も体感できます。選考は行いませんので、気軽に参加してみてください。

STEP02

選考

面接と筆記試験(合わせて約2時間)を実施します。入職希望日に応じて、選考日を設定しますのでご相談ください。選考の結果と職務経験やスキルなどを考え合わせて採否の検討を行います。採用が決まり次第、担当より各種ご案内を差し上げます。

STEP03

入職

入職日はご相談に応じますので、在職中の方も安心してご応募ください。配属後は、先輩社員の指導のもと、日常業務を通じて仕事の進め方や必要な技術・知識などを習得していただきます。当協会の一員としての基礎を学ぶ中途採用者研修も行っています。