1. HOME
  2.   ⟩  事業所・職場紹介
  3.   ⟩  地域
  4.   ⟩  片方の視点からだけではなくいろいろな視点で物事を捉え、直接的な支援ができないとしても自分の業務の重要性を理解することと多様な視点を持って仕事をすることが重要

事業所・職場紹介

Offices and Workplaces

地域

片方の視点からだけではなくいろいろな視点で物事を捉え、直接的な支援ができないとしても自分の業務の重要性を理解することと多様な視点を持って仕事をすることが重要

ヒューマンライツ福祉協会

法人本部 事務局

インタビューイー[インタビューされる人]

法人本部 Kさん

NEW! 地域

法人本部で勤務されているKさんにインタビューにいってきました!

Kさんの印象としては、
とても穏やかな方ですがすごく洞察力をお持ちの方で周囲をよく観察されているなと思いました。

その理由を話す前に、現場でいる職員やヒューマンライツのサービスを利用してくださっている利用者さんの目にはあまり触れない法人本部で行われている業務について少し話したいと思います。

Kさん曰く、法人本部がきちんと設置されるまでは、
福利厚生の整備もままなっていないほどだったことから、職員や利用者さんを支えている「縁の下の力持ち」のような部署になると教えてくださいました。

社会福祉法人とは、
簡単に言ってしまうと地域で困っている方々の幸せをつくったり守ったりする会社です。

そこで働く職員の仕事は、
利用者さんの生活や幸せを一生懸命守ることです。その社会福祉法人内にある法人本部は、利用者さんに直接サービスを提供するわけではないので、あまり重要ではないように思うかもしれません。しかしここヒューマンライツは、大きく分けて高齢分野障害分野の事業を行っており細かく見ていくととても数多くの事業を行っています。
そのため、職員数は約400名程度在籍しています。

法人本部とは、
この400人の生活を支えている部署ということです。この400人が潰れてしまうと、利用者さんを守れなくなってしまいます。このことからもわかるように、改めてわざわざ事務所を構えて設置している理由としては、利用者さんを守るためにはまず職員からということだと改めて実感しました。

これを踏まえて、Kさんの印象の話に戻りたいと思います。

Kさんの洞察力の高さを感じたのは、
法人本部が抱える課題についての話をお伺いした時のことでした。この質問の回答としては、「システムの整備不良」ということでした。

ヒューマンライツは、地域の方の課題を解決するその度に事業を展開してきた歴史があります。したがって、何か課題が出てきたときや対応を求められる事案が発生した時にそれを解決するために様々なシステムを後付けしてきました。

これは、とても柔軟性に富んだ法人でどんなニーズにも応えていけるということを表していると思います。しかし、裏を返すと計画性や危機管理がなくその場しのぎになってしまう危険性を秘めているということでした。また、法人本部が直接利用者さんに対して何かサービスを提供していく訳ではありません。いくら現場の職員のことを知っていても事業のことを理解していたとしても、現場の状況は刻一刻と変化していることに気付きにくい存在でもあります。

そのため、本部の意見と現場の意見が食い違うことも出てくることを教えてくださいました。

このことからわかるように、
Kさんは片方の視点からだけではなくいろいろな視点で物事を捉えられていることを知ることができました。例え、直接的な支援ができないとしても自分の業務の重要性を理解することと多様な視点を持って仕事をすることの重要さを実感できたインタビューでした。

採用までの流れ

新卒採用

STEP01

会社説明会

ヒューマンライツ福祉協会って、どんなところ?と思ったら、まずは説明会へ。事業内容や協会の紹介の他、施設見学会も実施しますので、職場の雰囲気も体感できます。選考は行いませんので、気軽に参加してみてください

STEP02

応募

エントリーフォームから選考会にご応募ののち、応募書類を提出 (郵送・直接持参、どちらでも可)してください。応募書類を提出されないとエントリーしても選考会に参加していただくことができませんのでご注意ください。

STEP03

選考会 1日目

当協会の事業所(障害者施設あるいは高齢者施設)で、9時から16時まで1日福祉体験をしていただきます。職場体験を通じて面接や筆記試験では見えないみなさんの良さを見いだしたいと考えています。介護技術などを評価するものではありません。

STEP04

選考会2日目

選考会は2日連続で行います。2日目は応募者全員に、約30分間の面接と、小論文(30分)、適性テスト(約1時間半)の筆記試験を受けていただきます。

STEP05

採否決定

選考会2日間の結果をもとに、人権感覚、社会性、積極性、コミュニケーション能力などに重点を置いて採否の検討を行います。選考が終わりましたら採用担当より採否のご連絡をさせていただきます。

STEP06

新人研修

4月1日の入社の後、1ヶ月間の新人研修を実施します。当協会についての理解を深め、ビジネスマナーや基本行動などの社会人スキル、福祉に携わる心構えなどを学んで、ヒューマンライツ福祉協会の一員としての第一歩を踏み出してください。また、介護・福祉に関する資格を取得していない方には、介護職員初任者研修を受講し資格を取得していただきます。3ヶ月後、6ヶ月後、1年後、3年後と、入社後のフォローアップ研修もきめ細やかに実施しています。

Prev

Next

中途採用

STEP01

応募

ヒューマンライツ福祉協会って、どんなところ?と思ったら、まずは説明会へ。事業内容や協会の紹介の他、施設見学会も実施しますので、職場の雰囲気も体感できます。選考は行いませんので、気軽に参加してみてください。

STEP02

選考

面接と筆記試験(合わせて約2時間)を実施します。入職希望日に応じて、選考日を設定しますのでご相談ください。選考の結果と職務経験やスキルなどを考え合わせて採否の検討を行います。採用が決まり次第、担当より各種ご案内を差し上げます。

STEP03

入職

入職日はご相談に応じますので、在職中の方も安心してご応募ください。配属後は、先輩社員の指導のもと、日常業務を通じて仕事の進め方や必要な技術・知識などを習得していただきます。当協会の一員としての基礎を学ぶ中途採用者研修も行っています。

Prev

Next